『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson35:わたしの心は神の心の一部です。わたしは真に、神聖です。
 
 
自分自身についてどう見ているかを挙げていくワークでしたが、自分に対する肯定的な見方も否定的な見方も、人やモノを比較して見る(ジャッジする)ときの材料になっているんだなとおもいました。
 
自分をどうジャッジしているか、その判断のポイントが、人をジャッジするときの基準(?)になっているような気がしたのです。
 
自分を前向きと見るなら、誰かを後ろ向きだと見ることになるし、自分をバカだと見るなら、誰かを聡明だと見ることになる。自分をジャッジすることは、同時に、人をジャッジする(差異を見る、分離を選ぶ)ことになる・・・。その無意味さを感じました。
 
3回目におこなったときは、身体を抜け出るような感覚になりました。意識が360度に拡がって、「わたし=この身体」という感覚がなくなっていく――。とても平和な心地がして、しばらくそのまま、あじわっていました。
 
日中、何かを思ったり感じたりするたびに、自分に対する言葉を拾い――それは基本的に自己否定的な言葉ばかりでしたが――、今日のアイディア「でも、わたしの心は、神の心の一部です。わたしは真に神聖です」と当てはめると、たいていは、とても心地よく、穏やかな感覚がしました。
 
たまに自分に対する肯定的な言葉が浮かんできたときは、そのすぐ後で「でも、わたしの心は~」と続けることに、一瞬、「え?『でも』なの?」とためらう自分がいることに気づきました。
 
これはとても面白かったです。自分をいいように見ているとき、その勝手な見方、アイデンティティを大事にしたがっているらしいことがわかったからです。
 
・・いえ、どうでしょうか、否定的な見方をしているときだって、実はそれを大事にしたがっているようにも感じられます。実際、ひどく自己否定的なのですから。
 
こんなあやふやな自己イメージを大事にしているとは、正気とは言えません。笑
ぼさっとしていると、分離することを選んでしまう。
 
 
不思議だったのは、道を歩きながらでも、何をしていても、今日のエクササイズをしていたのですが、「わたしの心は、神の心の一部です。わたしは真に神聖です」と言っているとき、自分自身のこととして言っているだけではなく、道行く人、目に入るモノたち(歩道、ゴミ、柵、ビル、テーブル・・などなど)に対しても言っているように感じられたことです。
 
わたしの心がそうであるなら、全部が同じように神の心の一部であり、神聖であるはずです。言葉で表現しづらいのですが、このエクササイズは、「個」という意識を超えていくものだと感じました。
 
4回目の長めの練習のときは、後半、とてもしずかでした。思考がなくなって、「ただ在る」、という感覚。「わたし」という枠に収まっていない状態、わたしは全体に在る、全体に拡がっている、全体がわたしそのもの。そういった感覚でした。
 
この安らかさをこそ、大切にしたいです。
 
 
Blessings,
 
2018.6.4
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック2 知覚のとびらをあけて/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら