『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson25:わたしは、それが何のためにあるのか、わかっていません。
 
 
このワークをやっていくと、そのモノの役割や機能、有用性というものは消えていって、どれも「同じ」になっていくのを感じました。
 
もし、「わたし=欠けている存在」、つまり「わたし=この身体」という認識であれば、つねに、その「欠落感」を埋めるために(防御するために)、安全を求めなければならなくなります。
 
そうすると、見えるものが、「敵」か「味方」か、「有害」か「無害」か、「損」か「得」か、「-」か「+」か、「悪」か「善」か、どちらであるのかを判断しなければならず(実際一瞬のうちにジャッジして)、「敵」、「有害」、「損」、「マイナス」、「悪」であるものから身を守り、安全であろうとします。
 
健康を気にするのも、身だしなみに気をつけるのも、いい人間であろうとするのも、みんなこのためなのだろうとおもいます。
 
「○○は身体に悪いからとらないほうがいい」だの、「だらしのない恰好をするのは失礼にあたる」だのと気にするのは、実はただ単に防御している(怖れに満ちている)だけで、「わたし=この身体」だと思い込んでいて、「分離」を選んでいるだけなのです。
 
では前提の、「わたし=   」この部分が、「愛そのもの」だとしたら?「永遠のスピリット」だとしたら??
 
見えるものは、報復が形となったものではなくなって、差異がなくなって――だから善悪、優劣というものはなくて――、ただそこここに祝福がもたらされている、ほんとうの愛があまねくゆきわたっていることが感じられる――。
 
自分の解釈などというものは、要らないのだと、深く感じます。
表面的な意味、自我の意味を視るのではなく、すべての必然性と、すべては最善であるということを、しっかりとハートで感じたいです。
 
 
 
Blessings,
 
2018.5.25
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック2 知覚のとびらをあけて/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら