『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson21:わたしは、別の見方で見ることを決心します。
 
今日のワークでは、怒りについて扱われていました。
 
怒りには、軽いイライラから大きな憤慨まで、反応のかたちには大きな幅があるでしょう。あなたが経験する感情の大きさは、問題ではありません。ほんの少しの不快なうずきは、強い憤慨を覆い隠したものにすぎないことが、だんだんわかってくるでしょう。

 
ふだん、大きな怒りを感じることはなく(数年間ずっとないです)、多少イライラとしてしまうときがある程度ですが、それでもその差は何もない・・ということを、まず受け入れたいなとおもいます。
 
実在していないことなのに、そこにしがみついているとき、ざわざわした感覚が続いてしまいます。まさしく、「わたしは、過去だけを見ている」(レッスン7)し、そう感じることをどこかで正当化しようとしている自我の思いがあることにも気づきます。
 
この人は、こういう人。そんなふうに見てしまっていたり、そういう自分を否定的に見る気持ちにもなったり。
 
その奥の気持ちを見ていったとき、やはり、裁かれることへの怖れがあるように感じました。わたしを裁くことができるのはわたしだけなのに。
 
 
以前、とても大きな気づきがあって、それは自我(エゴ)がひた隠しにしているものだとおもいますが、そのことを思いだすと、すべてはこの罠、このからくりのために、作られたものなのだと感じられます。
 
外側に向けられた怒りというのは、一種の装置のようだとおもえてきます。この怒りが実はいったいどこに向かっているものなのか。ひとつの仮説がありますが、まだ強い確信にはいたっていません。
 
この点については深く考えず、ただ、「別の見方で見たい」という気持ちを、キープし続けたいとおもいます。
今日はこのレッスン21のアイデアによって、1日が護られていたように感じました。
 
自我の誘惑の声に反応しそうになると、すぐにいつも、その日のレッスンのアイデアが出てくるのです。
 
あっさり反応してしまうという状態が少なくなってきているなとおもいます。
これからも丁寧に、続けていきたいです。
 
 
Blessings,
 
2018.5.21
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック2 知覚のとびらをあけて/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら