奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson20:わたしは、見ることを決心しています。
 
今日のワークは30分ごとにおこなうというものでしたが、それよりも高い頻度でやってみました。「やろうとした」のではなく、これは初めてのことでしたが、30分おきにするというのは、間隔が空きすぎているような気がしましたし、自然と頻繁にやっていたのでした。
 
このレッスン20のワークに初めて取り組んでみたときに感じたことを、今でも憶えているのですが、「見ることを決心するって、何を見るってことなの??」と思い、戸惑ったものです。
 
4巡目にして深く感じることは、このワークブック編の内容は完璧だということです。ほんとうに完璧に組まれているということに、やっと気づくことができました。
 
何がどう完璧なの?と聞かれても、言葉で説明するのが難しいのですが、レッスンのアイデアの順番、説明のされ方、取り組みの内容と運び方が、もう、、すごくって、数日前、「なんてこった!」と驚いてしまいました。
 
このレッスン20を迎える前から、わたしの心には、「何をおいても、わたしは見たい」という思いが満ちていました。
昨日ガードレールにしっかりこびりついている、真っ黒の汚れを目にしたときには、「汚い」というふうにはもう映っていなくって、
 
真っ白の部分と同じだし、走っている車とも同じで、もう勝手な意味を与えようがなく、わたしの心のうちにひろがる平安から見るものはすべて、しずかで、やさしくて、あたたかいのでした。
 
それで今日は、もう、、30分おきなんかじゃなくて、ずーーーーっとこのまなざしで見ていたいという思いしかなく、何かしているときでも「わたしは、見ることを決心しています」という思いとともにある、そのような一日でした。
 
そのおかげで、「ああ、奇跡を見せていただいた」と感じることもありました。ものの見方が訂正されると、やはり、知覚が変わるのです。
 
Aを見る、Bを見る、というふうに見る(違いを見る、区別する、つまりはジャッジする)のではなくて、「同じ」ものを見る。何を見ても、「同じ」。
 
お皿という対象を見る。友人という対象を見る。そんなふうにこれまでは見てきたけれども、そのような感覚にはならなくて、お皿にも、友人にも、空き缶にも、観葉植物にも、紙屑にも、「同じ」ものしか見えない。
 
わたしの指一本と、ボールペン一本は??
レッスン1で感じたときのことを思いだして、試しにまたそれぞれを見てみました。
 
たしかに、「同じ」ものが見えます。
 
でもまだ、人差し指への見方を、これまでのような視線で見てみると、すぐに自我の意識になってしまうことも感じられました。なんと言えばいいのでしょう、スイッチをカチッと切り替えると、「この身体=わたし」に戻って(?)しまいます。
 
このボールペン一本は失っても平気だけれども、この指一本を失うとしたら・・・平気ではいられません。
 
身体に対しては、それにしても、しぶといです。笑
 
慌てずに、丁寧に、「ほんとうに見る」ことへのプロセスを進んでいきたいとおもいます。
 
 
 
Blessings,
 
2018.5.20
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック1 わたしは何も知らない/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら