奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています

 

Lesson10:わたしの思いには、何の意味もありません。
 
 
基本的にわたしの頭の中の思いは、3つに分類されるようです。1つは身体的な感覚に関すること(お腹が空いた、ちょっと眠い、目が疲れたなど)で、もう1つはやるべきこと(今日は何をするんだっけ、そうだあれをやっておかなければ、など)について、あとは誰かのこと(あの人そう言えばどうしてるんだろう、そろそろあの人にメールしないと、など)です。
 
身体的な感覚に対する考えについて「何の意味もない」と言ってみる(当てはめる)ことは、とくに抵抗がなかったのですが、2つめと3つめについては多少微妙な感じがしました。
 
この世界にいたら、もちろん「やるべきこと」はあるわけで、洗顔、歯磨き、入浴、掃除に洗濯といったことから、仕事に関するあらゆること(メールの返事、金銭管理、スケジュールの確認、今後の予定を決めること)など、目の前のことをやっていかなくてはなりません。
 
それらに関する思い、「そうだ、あれもやっておかなきゃ」などといった考えに対して、「何の意味もありません」と当てはめると、「まあ、確かに」と思える部分と、「そうは言ってもね…」と感じる部分があるのに気づきます。
 
「部分」というような認識をしているということは、わたしは明らかに何かを隠しているし、ごまかしているのです。それで、「優先順位」について、今日は改めて考えてみました。
このワークブックのエクササイズを、わたしはかつて3度やってきたわけですが、「ワークもしなきゃいけないけど、もちろんしたいけど、でもこの仕事があるから」と、サボったことが何度もありました。笑
 
時間がないだの、忙しいだの。それよりこれをすることが急務だからと。いま思えば、とんでもない理由を並べて、本当にやるべきことから逃げていたのだとわかりますが、そのときは、大いに真剣に、「でもこれをしないといけないから」と思っていたのだから、笑えます。
 
ここがちっともリアルでないことを、少しも受け入れていなかった証拠です。この世界が実在するんだと、言い張っていたのと同じことです。つまり、なあんにも、わかっちゃいなかった、ということ。笑
 
 
今日は、このレッスン10をおこなうために、何度も手を止めました。何か思うたびに、すぐに今日のアイディア「わたしの思いには、何の意味もありません」が浮かんでくるので、いちいち立ち止まる一日でした。いちいち立ち止まることが、今日のわたしの、ほんとうの「やるべきこと」でした。心に平和が拡がっている感覚、平和のなかに留まっている(たぶんそれは言い換えるなら「愛に護られている」)感覚がありました。
 
何も慌てなくてよいし、何もほんとうは動かさなくていい。動かすべきことは何もない、わたしのこの、どうかしている思い以外には。
 
動かす必要はなく、ただ動くにまかせればよいということを、経験することによって学んでいるところです。これは、とても心地のよい感覚です。
 
目の前のあれこれは、依然としてそこにある(ように見える)けれども、ほんとうの優先順位を間違わないこと、何をするにしても全面的にゆだねること。これを続けていきたいです。
 
 
 
 
 
わたしの頭の中の3つめ。誰かのことについての考えに対して、「意味がない」と言うことにも、若干抵抗を感じました。若干とは言え、見逃せません。笑
しばらく連絡が来ないので、どうしたんだろうかと、ふとある人のことが思いだされたのですが、それを「意味がない」とすること(認めること)には、それでほんとうにいいんだろうか、と一瞬思いました。放っておいていいんだろうかと。
 
でも、これはおかしな考えだとすぐ思い直しました。誰かのことを心配することは「攻撃」だという事実を、思いだしたのです。それは相手を思いやっているように見せかけた感情(思い)であって、ほんとうの相手をまるで見てないということ、制限のある存在、身体であるというふうに見てしまっていることであり、完全無欠性を見ていないなら、そのわたしの視線は、明らかに、「攻撃」なのです。
 
それに、わたしがその人のことを気にしていること、その思いが「何の意味もない」ということを心で深く受け止めることは、相手を放っておくということにはなりません。アクションに意味があるのではなく、すべては心の問題であり、また、何か相手に働きかけることがあるなら、それはわかるはず――そのようなガイダンスが与えられるはず――なのです。
 
何のことであれ、わたしは何ひとつ、自分で勝手に判断しないこと。完全にゆだねること。これを忘れずにいたいです。つまり、わたしは何もわかってなどいないという事実を、深く受け入れるということ。サレンダー(降参)するということです。
 
24時間365日、寝ているときも、サレンダー。ものの見方の訂正、ほんとうの「ゆるし」に心を向け続けること。これがわたしの願いです。
 
 
 
2018.5.10
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック1 わたしは何も知らない/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちらです。
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください。
 
 
 
 

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら